メイクスクールで学ぶ知識と技術|専門性の高い学校で学ぼう

内装を学べる学校とは

ノート

動向の予測

インテリアは当初は建築家がこれらの計画も含めて設計する場合が多かったものです。内容が複雑化し、施工時期にズレがあることなどからこれに関する専門家が係るようになりました。国内に専門学校も多くあり、資格も取れるような授業内容になっています。材料の調達や施工においては建築関連の法規や技術も関係して来ますので専門学校では建築の知識も同時に学ぶことになります。そして知識や技術だけでなく創造力が大切になりますので専門学校においてはそのトレーニングも行います。最近の傾向として中古物件を購入する場合が増えて来ています。その関係でライフスタイルや機能性に合わせてリフォームを行う機会も増えて来ています。高齢化するとバリアフリーの考え方も必要になって来ます。多彩なインテリアも登場していますので今後はこの分野での需要も増し専門学校も良く活用されると見られています。

知っておきたい特徴

内装・インテリアは家具や雑貨、カーテンを変えるだけでも雰囲気は変わって来ます。インテリアの要素となるものには他にカーペットやタペストリ、ブラインド、幅木や回縁、壁紙、照明器具など色々とあって最初からインテリアコーディネーターとかに相談して計画してもらうこともできますし、途中から模様替えの形で施工する場合もあります。スタイルもある程度確立されていて北欧風とかナチュラル、シンプル、モダン、クール、クラシック、エレガント、カントリー、アジアン、和風など好みによって部屋の雰囲気作りが行えます。もともとは古代エジプトにおいて一部の特権階級の人々が権力誇示の手段として用いられたとされます。その後は変遷を経て建築家や内装の専門家が携わるようになって来ました。