メイクスクールで学ぶ知識と技術|専門性の高い学校で学ぼう

古いものと新しいもの

文房具

建物を建てることの魅力

建築には、日本の伝統的な建物を建てる分野と西洋をルーツとする現代的なビルディングや大規模な建物を建てる分野があります。このように、建築は新しいものと古いものが交錯する分野であると言えます。また、人間には衣食住がかかせないため、衣の分野である建築は社会全体からみて、とても需要の高いものです。そのため、自分の将来の進路としては、将来性があるため十分考えられる分野です。また、知識や経験だけではなく感性も求められる分野であるので、自分なりの表現を仕事に生かしたい人にはとてもお勧めできます。女性であっても、女性特有の柔らかさやこまやかさを仕事に活かすことができます。このように、建築は性別を問わずに活躍できる分野です。

このような場所で学べます

建築者を目指す時に一番考えられるのが、専門学校や大学へ通うことです。専門学校には一通りカリキュラムがそろっており、2年や3年で卒業できるところがほとんどです。また、より詳しく専門的の建築を学びたいという場合は大学進学することもできます。この場合、過程は4年間です。費用や時間に余裕がある場合は、大学進学が勧められます。また、カリキュラムもより時間がかかる専門的 なものになっています。専門学校よりも大学の方が学ぶ期間が多いため、建築のデザインなどを展示したりコンペに参加したりするような機会も多いといえます。就職の際も、大学卒業ということで有利になることもあります。自分の希望に合わせて、建築科などのある大学に進学をするか、それとも専門学校にするかを決めましょう。